まずは専門家に声を掛けてみることが先決です!!

分割の検討(現物・等価・代償)
遺言書の作成
流動性の確保
多額の相続税の対策
財産の減少を対策
収益性を確保
資金の組み替えを対策

相続人へ分散される所得を、被相続人への財産の蓄積が少しでも抑えることが可能です
受け取った家賃を残しておくことにより、それが納税資金となります
すでに納税をしてしまったという方にも再評価を行うことができます。
この再評価によって更正の請求を行い、収めすぎた税金を還付してもらう
ことが可能です
財産評価額を適正に評価することができます

遺言書には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」と3つの遺言書があります
■作成にあたってのポイント
故人の遺志を実現させるための制度
公正証書遺言の他は形式の不備等で無効になる可能性もあります
■作成にあたっての注意点
相続人の意思、気持ち等を尊重していない遺言書の作成は財産の移転の障害になる恐れがあります
HOME お問い合せ 不動産コーナー 会社情報 センチュリー21とは? 事業案内 契約者専用駐車場